Postman@mossA ●●●
止めようぞ! 止まらぬ『時』をデジカメで─。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ひまわり日記003
2009年05月19日(火) 21:05
ひまわり日記も3回目。

本日は、依然として発芽しないひまわりは置いといて...。^_^;

株式会社サカタのタネよりクロネコメール便で到着しました2つの種について。

自分の備忘録に近いですが...。

アークトチスとエーデルワイス
どちらも、白い花を咲かせる予定でございます。

まずは、歌でもおなじみ『エーデルワイス』。

草丈20cm前後、ウスユキソウの仲間ですね。

エーデルワイス

【科・属名】キク科レオントポジウム属
【和名】ハナウスユキソウ
【原産地】アルプス山脈・ピレネー山脈

花径 約3cm
草丈 約20cm

まきどき 暖かい地域 3月~6月 9月~10月
      寒い地域 4~6月

発芽までの日数 15~20日
発芽適温(地温) 20℃前後
生育適温 10~20℃

タネの上に土はかけませんが、発芽するまで日数がかかるので乾かさないように注意します。

●栽培のポイント
 高山性植物で、とくに水はけのよい土と日当たりのよい場所を好みます。一般的に鉢植えにしますが、植えつけ用土にラン用の小粒の軽石を約10%と石灰を少量混ぜ弱アルカリ性にすると生育がよくなります。夏の暑さは苦手なので涼しい場所で管理します。押し花やドライフラワーにもなります。


読んでみると、育てるのが難しいのか簡単なのかよく分からなくなります...^_^;


アークトチス

【科・属名】キク科ハゴロモギク属
【和名】ハゴロモギク
【原産地】南アフリカ

花径 約6cm
草丈 約50~70cm

まきどき 暖かい地域 3~5月 9~11月
      寒い地域 4~6月

発芽までの日数 5~10日
発芽適温(地温) 15~20℃
生育適温 15~25℃

タネは重ならないように5mmほどの深さでまきます。

●栽培のポイント
 小鉢やポットに根が十分まわったころ、日当たりと風とおしの良い場所に、1㎡当たり完熟堆肥3kg、化成肥料60~80g、苦土石灰100gを施し、株間約30cmで植えつけを行い、寒さがきびしくなるまでに十分根を張らせ、霜よけをして管理します。


だそうです。

完全に備忘録^_^;

どうやって育てようか...。

イメージトレーニング中です。


ひまわりさんよ、はよ発芽せぃ。(-。-)y-゜゜゜
スポンサーサイト
別窓 | ひまわり日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
<<ひまわり日記004 | Postman@mossA | さよなら20系>>
この記事へのコメント
↑top | under↓
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

list FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top | under↓
| Postman@mossA |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。