FC2ブログ
Postman@mossA ●●●
止めようぞ! 止まらぬ『時』をデジカメで─。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
深夜を駆け抜けた─。
2007年06月25日(月) 00:40
急行はまなす

私は、心に残ったものを写真や物で残す癖があるようで─。

今年、出張時の札幌駅で見かけた急行はまなす。

この列車だったのか...。
それはある人の様々な思いを乗せて、深夜南に向けて闇を駆け抜けた─。

列車にはドラマがある。
大変、思い出深い列車である。
忘れない為にも形で残した急行はまなす。
規則的に刻む音が響く列車は遠ざかる。
言葉を選ぶ電話の電波を途切れさせながら。

ある一つの覚悟を乗せて─。
ある一つの優しい時の終わりを乗せて─。
心の鍵を解きながら雪の降る中、海峡を越えた南へ向けて─。
ひたすら南へと─。

そのドラマは【急行はまなす】にありき。
【北斗星】や【トワイライトエクスプレス】ましてや【カシオペア】のような華やかな寝台列車ではなく、【急行はまなす】だからこそ切なさが増す─。

例えばの話である。

私のお土産。
正確に1/150スケールで作られたこの【急行はまなす】。
それは、今もステレオの上で静かに出発を待つ。
決して、訪れることの無い出発の時を─。


値段のつけようがありません。
(実際、少々高価ですが...。)



スポンサーサイト
別窓 | 鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0 | ↑top
| Postman@mossA |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。